ホーム > 個人と法人どちらが得か?

個人と法人どちらが得か?

個人事業と法人・会社では、どちらが得なのでしょうか?
特長 法人・会社 個人事業
起業の手軽さ 難しい
(設立手続きが煩雑でお金もかかる)
簡単
(税務署等への届出だけで事業を開始できる)
責任の重さ 有限責任
(株式会社や合同会社の場合、出資の範囲内で責任を負う)
無限責任
(個人で全額債務を保証する必要あり)
信用力 相対的に高い 相対的に低い
(法人でないと取引をしてもらえない場合も)
資金調達 比較的しやすい
(金融機関からの融資を受ける  際に有利な場合が多い)
比較的難しい
節税対策 対策しやすい
(法人税を中心とした総合的な節税対策が可能)
対策が難しい
(一定以上の利益が出ると税率が高くなり、節税が困難に)
社会保険の加入 義務
(社長1人でも加入義務があり、経費の負担増)
義務なし
人財の採用 有利
(会社というイメージと社会保険加入などの福利厚生面で募集が来やすい)
不利

結論、どちらが得かは一概には言えませんが、一般論としては、手持ち資金があり、ある程度の事業規模で従業員を雇い入れる場合は会社形態にし、個人の才能により事業を行う場合は、会社形態にするメリットは低いと言えます。

岡部会計事務所では、あなたの事業の性質や手持ち資金等を考慮し、最適なプランをご提案いたします。